スポンサーリンク




女子アナが嫌われる理由は?モテるのはなぜ?女子アナ好きな男性の特徴も

女子アナが嫌われる理由・モテるのはなぜ・女子アナ好きな男性の特徴

今回女子アナが嫌われる理由に関してピックアップしてみたいと思います。

実は今女子アナは独身男性が考えている「恋人にしたい職業第1位」なんだそうです。

しかし世間では男性には好かれても同性の女性からはあまり好かれる女子アナがいないという意見も少なくありません。

そこで女子アナが嫌われる理由モテるのはなぜなのか?といったことについて調べてみました。

また、女子アナがが好きな男性の特徴についても気になるところです。

ということで女子アナが嫌われる理由とモテるのはなぜなのか?また女子アナ好きな男性の特徴もまとめています。

スポンサーリンク

女子アナが嫌われる理由は?

まずは女子アナが嫌われる理由について。

女子アナはほとんどの男性から好かれており、嫌われるという話はあまり聞きません。

ただ同性、つまり女性からは「女子アナが好きな男性が理解できない」など女子アナに関してはあまり良い噂が無いですね。

なぜ、女子アナは女性から嫌われる傾向にあるのか?

それはどうやら女子アナが身近な存在にあることが理由として挙げられています。

今やタレント同様の扱いをされているほどの女子アナですが、よくよく考えれば「TV局の社員」なんですよね。

芸能人や歌手ならばともかく、あくまでもビジネスパーソンなわけですからさほど遠い存在では無いわけです。

だからこそ、身近な存在である女子アナに対して

・女子アナなのに色気がありすぎる、露出が多い

・お高くとまりすぎている

・男性受けを意識しすぎていてあざとい

などなど、毎日ニュースで見かけるだけに意識してしまいがちなんですね。

ただ、最近では女性にも好感度が高い女子アナもいますし、知的でニュースをスラスラ読む姿に憧れる女性が多いのも事実。

いくら女性から嫌われやすいとは言え、今後も女性の憧れの職業の一つであることは変わらないでしょうね♪

モテるのはなぜ?

女子アナ・モテるのはなぜ?
では次に女子アナがモテるのはなぜ?ということについて。

女子アナといえば結婚する相手が野球選手・サッカー選手などあらゆるスポーツ選手など多くのアスリートからモテモテですよね。

そうやって多くの方にモテる理由としてやはり「才色兼備」な点がまず挙げられると思います。

今や女子アナといえばミスコン出身者であることは当たり前。

大学時代には読者モデルを経験していた方も珍しくありません。

最近ではどの局でもルックス重視での採用も多く、アイドル性が非常に高くなっていることでも知られています。

女子アナ、という一つのジャンルがもう完全に今や確立しているわけですね。

その上青山学院大学・慶應義塾大学・立教大学など学歴もしっかりしているのですからまさに「才色兼備」という言葉がぴったりです。

また、独身男性からも「恋人にしたい職業」の第1位は今や「女子アナ」がダントツとなっています。

なぜ、そこまで男性にモテるのか?

これは恋愛心理でいう「単純接触」というものが影響しているんだとか。

「単純接触」とは「人は触れた時間が長いものほど印象が良くなって好意を持つようになる」ということ。

アナウンサーという職業は毎日同じ時間にニュースを読むので、おのずと見かける機会は増えます。

独身男性で働いている方はやはりニュースを見る時間も多いでしょうし、日頃の習慣として同じチャンネルを就けている人もいるはず。

そういった要因もあり、毎日見ている=好意をもちやすい、となるわけですね。

ということで男性から見て女子アナは「毎日見かける存在で親近感がある」「才色兼備」というような理由からモテるのではないでしょうか?

女子アナ好きな男性の特徴!

女子アナ好きな男性
女子アナ好きな男性の特徴について、調べてみました。

まず思い当たるのがやはり美人だということですね。

ミスコン出身者が多く、読者モデルも経験している方がいるということで、ルックスはもちろんスタイルも良い方ばかり。

加えて、知性もありますし、滑舌・喋り方も綺麗で素敵です。

まさに「女性はこうあるべき」な理想をもっている男性がハマりやすい、のではないでしょうか?

女子アナ好きな男性は「女性に高い理想をもっている」ような方が多い、とも言えますね。

まとめ

女子アナが嫌われる理由とモテるのはなぜなのか?また女子アナ好きな男性の特徴もまとめました。

今や女子アナという職業は「恋人にしたい職業」で2位だった「医師」から倍以上の票数を獲得しているんだそうです。

本当に凄い人気の職業ですよね。特に最近はルックス重視ということもあり新人アナウンサーが入社した際にはネット上でも多くの情報が飛び交うほど。

ただ、それだけ人気の職業なだけになかなか狭き門なのは仕方ないでしょうね。

今後も多くの女子アナ候補が出てくるとは思いますが、ぜひとも夢を叶える為に頑張って欲しいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA