スポンサーリンク




林田理沙の結婚や妊娠の真実は?下手って噂?血液型や出身高校大学も

NHKアナウンサー部若手のホープ林田理沙アナ。

2018年にNHKの看板番組「ブラタモリ」の5代目アシスタントに就任するなど、エリート街道真っしぐらなアナウンサーで、見た目もとても美人で話題となっています。

今回はそんなNHK期待の林田理沙アナウンサーのプロフィールに結婚や妊娠の噂。

アナウンスが下手って噂に出身高校と大学についてと色々と書いていくので、是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

林田理沙のプロフィール!身長と血液型は?

生年月日:1989年12月19日
出身地:長崎県産まれ神奈川県育ち
身長:???
所属:NHK

1989年生まれの林田アナは、2018年で29歳とNHKアナウンサーの中では若手のアナウンサー。
母親の里帰りで出産をしたので、産まれが長崎県となっているのですが、出産後の生活拠点は神奈川県となっています。

そして、プロフィールに???が多い林田アナですが、身長は公開されておらず、謎に包まれているのですが、福岡で放送されている「ロクいち!福岡」の番組で、井上二郎アナと並んでいる画像があったのでご覧下さい。

この画像を見てみると、井上二郎アナの身長が186センチとなっていて、井上アナと比べると30センチは林田アナの方が低く見えますよね。

なので推定ですが、林田アナの身長は150センチぐらいではないでしょうか?

それにしても画像を見ると、林田アナは小さくて可愛らしいアナウンサーですよね〜。

そして血液型も不明となっていて調べて見たのですが、情報が少なくわかりませんでした。

そんな林田アナは2014年にNHK長崎放送局に入社、両親のふるさとである長崎が初就任先になるなんて凄いことですよね。

2016年にNHK福岡放送局へ移動となり、「ロクいち!福岡」のキャスターに就任します。

そこからはロケに行ったりキャスターをするなど、アナウンサーとしての実力を着々とつけていき、ついに2018年「ブラタモリ」5代目アシスタントに就任することになりました。

この「ブラタモリ」のアシスタントというのがNHK看板アナウンサーへの登竜門となっていて、初代久保田祐佳アナ、2代目首藤奈知子アナ、3代目桑子真帆アナ、4代目近江友里恵アナと、皆さん2018年現在でも大活躍されているアナウンサーばかりですよね。

ただ、タモリさんの相手をするのは至難の業のようで、歴代のアシスタントの方も苦労を重ねてきました。

林田アナも「タモリさんから一言『仕事をするな』と。普段通り肩の力を抜いてやればいい」と言われたといっていて、なかなか苦戦を強いられそうですが、これを乗り越えればNHKの看板アナになれると思うので、頑張ってほしいものですね。

チェック!女子アナかわいいランキング【NHK編】 

結婚や妊娠の噂をチェック

NHKのエリート街道真っしぐらの林田理沙アナウンサーですが、結婚や妊娠の噂もあったので調べてみました。

調べてみたのですが、どうやら結婚の話はないようですね。

林田アナは、まだ入社4年目でNHKでは若手の部類なので、今は結婚よりも仕事優先と言ったところでしょうね。

なので妊娠の噂も、ただの噂ということです。

それでもNHKの女性アナウンサーは、他局のアナウンサーに比べ、結婚している方が多いので、林田アナも数年先には結婚、妊娠のニュースがでるかも知れませんよ。

下手って噂はどう?

見た目が美人で何かと話題となってしまう林田理沙アナウンサーですが、ネットの検索欄で林田と入力すると「下手」っていうキーワードが出てくるので、その辺りについて調べてみました。

調べてみると、下手っていうキーワードは沢山出てくるのですが、何が下手っていうのはハッキリしていませんね。

ただ想像するに林田アナのアナウンスが下手っていうことだと思うのですが、本当に下手なのか?動画を見つけたので見てみましょう。


全然下手じゃないですよね〜。

滑舌も良いですし、ハキハキと聞き取りやすい喋り方だと思います。

もしかすると偶然ニュースなどで林田アナが噛んでしまっていて、その瞬間を見た人が下手だと言いだしたのかも知れませんね。

出身高校と大学について

林田アナは経歴も素晴らしく、出身高校や大学時代についてチェックしてみました。

まず出身高校ですが、湘南白百合学園を卒業しています。

この湘南白百合学園という学校が神奈川県では超有名校で、幼稚園から高校まであり、林田アナは幼稚園からずっとこの学校に通っているんです。

何でも校則が厳しく、髪型もツインテール、おさげ、おかっぱと指定されていて、授業中はタブリエというエプロンをつけて授業を受けます。

女医の西川史子さんも湘南白百合学園に中学校まで通っていたようです。

そして大学ですが、東京藝術大学の音楽学部を卒業していて、学生オーケストラの演奏会で指揮を務めるなど、音楽活動に明け暮れていました。

そんな林田アナは絶対音感の持ち主なんです。
凄いですよね〜。

ただ、絶対音感の持ち主というのは意外と多いようで、音大生の半数近くは絶対音感だそうで、音大生の中では珍しいことではないのでしょうね。

まとめ

ここまでNHKアナウンス部期待のホープ林田理沙アナウンサーについて色々と書いてきましたがどうでしたか?

林田アナといえばNHKの看板番組「ブラタモリ」の5代目アシスタントに就任するなど、期待の高いアナウンサーです。

見た目も小柄で可愛らしく、幼稚園から高校まで系列の一貫校に通う、お嬢様っぽいところもあり、絶対音感の持ち主と、色々な特徴があるアナウンサーで、これから先はNHKのエースとなっていくと思うので、林田アナから目が離せそうにありませんね。

スポンサーリンク







この記事を読んだ人はこちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA